ムダ毛の構造

ムダ毛の構造

ムダ毛の構造

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通っているなら、ムダ毛の構造についても理解しておきましょう。最初に断面図を示します。こちらに記載されている用語について、順次解説して行きます。


体毛は毛幹と毛根に分かれます

ムダ毛、つまり人間の体毛は、毛穴から露出していて目に見えている部分を「毛幹(もうかん)」、その一方で毛穴のなかにあって目に見えない部分を「毛根(もうこん)」という2つに分かれます。


脱毛は、結局のところ見た目の問題を気にするものですから、その意味では毛幹部が見えなくなることが重要です。しかし、体毛の機能としては、重要な部分はすべて毛根部に集中しています。


毛根部の各機能

毛根部には、まず一番外側に「毛包(もうほう)」という袋状の組織があります。毛包の皮膚に開いている部分が「毛穴(けあな)」です。


毛包の奥、ムダ毛の根元には「毛母細胞(もうぼさいぼう)」が集中しています。毛母細部は体毛の素になる細胞ですが、人間の細胞の中でももっとも細胞分裂が速いものです。このため、ムダ毛は体感して分かるほどの速度で伸びていくのです。


毛母細胞の奥には、「毛乳頭(もうにゅうとう)」があります。毛乳頭は、毛細血管から栄養を摂り込み、毛母細胞に伝えて成長を支える役割を担っています。


脱毛を考える上では毛乳頭が最重要

脱毛を考える上では、毛乳頭の働きにダメージを与えることが最重要です。


ムダ毛の素になる毛母細胞を直接叩くのではなくて、栄養を与える役割を担う毛乳頭の働きを止めてしまうという考え方です。


光脱毛でもレーザー脱毛でも、このアプローチは基本的に同じです。ムダ毛の構造を理解することで、脱毛施術がどこに働きかけて脱毛を実現しているのか、正しく把握しておきましょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 心斎橋店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!